たけちゃんの手打ちうどん

このサイトの現在の閲覧者

検索ページ等で来た方で、フレームが表示されて無い方はここをクリックして下さい。

手打ちうどん

小麦粉と塩水だけで出来る手打ちうどん。市販品ではなかなか出せない、腰の強さが魅力。
これを味わっちゃうと、下手な市販品は受け付けなくなっちゃいます。
私はパスタマシーンで作っちゃいますが、もちろん麺棒で作ることも出来ます。


材料  (2〜3人前)
小麦粉(薄力粉or中力粉)
250g
110cc
14g

1.材料を混ぜる

a.ボウルに小麦粉を入れて中心に土手を作り、そこによく溶かした塩水を投入します。
b.中心から徐々に、はしやフォークで混ぜていきます。
c.ある程度まとまったらOK。(完全にまとまらなくても良いです。)
2.こねる
a. ビニール袋に生地を入れます。(ボウルに残ってしまった粉も入れちゃってください)
b. 生地を足で踏んでいきます。平たくなったらたたんでまた踏む...これを10分位繰り返してください。
うどんの表面が小麦粉の塊とかがなく、滑らかになればOKです。
c. 乾燥を防ぐためラップをし、室温で薄力粉なら30分、中力粉なら1〜2時間寝かせます。
3.うどんを伸ばし、切る。
a. 麺棒等で生地を軽く伸ばし、生地を3等分位に切ります。
b. パスタマシンで最初は7mm位に厚さを設定し、4、5回伸ばして、形と厚さを整えていきます。
その後、1mmずつ厚さを変えていき、4mmの厚さになるまで伸ばしていきます。1回伸ばすことに、軽く粉を振るとうまくいきます。
c. 希望の厚さまで伸ばせたら、カッターで切っていきます。
d. 出来たうどんを、ざるうどんなら15分から20分、かけうどんなら10分から15分湯でます。
茹で上がりは透かして、軽く芯の残っている程度が適当です。ざるの場合は冷やすので、更に芯が残らない程度が適当です。


冷やしうどん

ゆでた後、ざるにあげて冷水で冷やします。
仕上げに氷水で冷やすと、暑い日の食事に最適です。

釜玉うどん

皿に生卵を入れておき、茹でたての熱々のうどんを皿に盛ります。
それに大さじ1の醤油、鰹節、刻み海苔、卸し生姜をのせ、
食べるときに豪快にかき混ぜて食べるうどんです。
和風カルボナーラと言うべき、うどんです。

ぶっかけうどん

ざるにあげて冷やしたうどんに、
うどんつゆと半熟卵※、カイワレ、揚げ玉、卸し生姜がのせた物です。
生姜のさわやかな風味がポイントです。食べるときは卵を潰して、混ぜていただきます。

※半熟卵の作り方
鍋にお湯を沸騰させた後、火を止めて
その中に卵を入れます。そのまま12分程度待てば出来上がり。
卵を入れた後は、火を入れないのがポイントです。

パスタのトップページへ戻る



Copyright (C) "takechan@machida" 2000-2011 All Rights Reserved.