たけちゃんのたらこバターパスタ

このサイトの現在の閲覧者

検索ページ等で来た方で、フレームが表示されて無い方はここをクリックして下さい。

たらこバターパスタ

なぜか紹介していなかった、たらこスパゲティ。和風パスタ最大の発明品といわれています。(発明者は成松孝安氏。渋谷のレストラン「壁の穴」の創業者である。)
しかも作り方は簡単!それでかつ、最高にウマい!


材料  (2〜3人前)
パスタ(スパゲッティーニ)1.6mm
もしくは(ソブラカペリーニ)1.3mm
300g
バター(無塩が本流だが、私は有塩の方が好き。お好みでチョイスを。) 90g
たらこ(無着色が良い) 90g (3はら)
レモン汁 適量
こぶ茶の粉末 小さじ3
きざみのり 適量
ゆで用:一掴み(つまみではない)

1.たらこを出す

たらこは皮に切れ目を入れて、包丁の背で搾り出します。
2.たらこバターを作る
a. バターをフライパンに入れ、フライパンを軽く暖めて、バターを溶かす。
b. バターが溶けたら、火を止めたらこを入れて混ぜる。
c. よく混ざったら、レモン汁を一絞りして軽く混ぜる。


3.パスタを茹でる
a. 大きめの鍋に、たっぷりのお湯を沸かす。

b. お湯が沸いたら、塩を一掴みとオリーブオイルを少々入れる。

c. パスタを鍋の周りに沿わせるように入れ、くっつかないようにすぐかき混ぜる。再度沸騰してきたら、中火にする。


d. アルデンテよりやや硬めに茹で上がったら、ざるに上げ水を切る。(ゆで汁を使用するので少し取っておく事)

4.仕上げ
a. 先ほどのフライパンにパスタとゆで汁20cc、こぶ茶の粉末を入れて、和える。
b. お皿に盛ったら、刻み海苔をかけて完成。


パスタのトップページへ戻る



Copyright (C) "takechan@machida" 2000-2011 All Rights Reserved.