2004 AWC鈴鹿オフ

このサイトの現在の閲覧者

検索ページ等で来た方で、フレームが表示されて無い方はここをクリックして下さい。

2004 AWC全国オフ in 鈴鹿サーキット
(2004年9月5日)

アコードワゴン集合写真です。今年もたくさん集まりました!
(参加者の方でこの写真が欲しい方はご一報下さい。未圧縮の画像をお分けします。)
※AWC関東の方にはまたメールにてお送りしますので、お待ちを...。


今年もAWC全国オフは鈴鹿で開催!AWC1年に1回のお祭りとして、定着しつつあります。
もちろん今年も国際コースを体験走行できると言うことで、沢山の方が集まりました。

スケジュールとしては、東名→伊勢湾岸を使って、みえ川越ICから降りてサーキットへ。トータルで片道400km程になるので、前日はカミさんの実家である浜松で一泊し、朝6:00に浜松を出て9時頃到着。

関東勢はまちゃにいさん、SUCKさん、yaneuraさん、のぶりんさん、じゅんいちさん、ほーりーさん、ファウ介さん、かくさんとおなじみのメンバー。

一時間ほどのミーティングを経て、フリータイムとなり遊園地で遊んだり、他のメンバーと親交を深めたりした後、16時過ぎよりサーキット走行に関するミーティングが行われ、17時過ぎよりサーキット走行開始。
サーキット走行後は解散となり、関東勢が集まって、他支部の方を見送った後に解散となりました。

今年も生憎の雨ですが、撮ってきた写真を紹介します。
(因みに去年の模様はこちら。)


行きも雨で、一般道も結構走りましたので
洗車したボディーに泥はねが...。(T.T)

簡単なミーティングが終わった後はフリータイム。
うちら夫婦はまずは観覧車へ。

因みにこの時間はポルシェの走行会?でした。

うちらが駐車したNパドックから、サーキットランド
へ行くにはこの通路から左手のトンネルを抜けて
行く事になります。サーキットの下を潜る訳ですね。

観覧車からみたNパドック。
今年も沢山集まりましたね。嬉しい事です。

観覧車から見た我が車。
最大望遠です。(爆)

観覧車終了後はかなりの雨になっていました。
そんな中ランド内をプラプラしていたら、アシモの
ショーが開かれているではないですか!!!
早速入って見ると、終了直前でしたがアシモが
元気に挨拶に回ってました。次の開演は13時。
次は真正面に座ってみるぞと心に誓いました。(笑)

アシモを見終えた後、B・A・R Honda005が展示
してあるお店を発見! Circuit Garageと言う
ミニカー専門店だとか。と言うことで早速入店。

店内に入って、ノーズをパチリ。
見えにくいですが、ホンダの赤バッジが。
ここにもホンダスピリットが注入されています。

こちらは車体後部。F1好きならお分かりかと
思いますが、これは去年のモデルです。


ネームプレートはもちろん佐藤琢磨。

ミニカーを見た後は、早めのランチに。
プッチタウンカフェにて森のきのこガーリックスパゲティ
とサラダをオーダー。

カミさんはエビカレーとデザートのアイス。
前回のオフレポでも書いたんですが、
鈴鹿サーキットは料理が美味い。
更にデザートの大内山牧場 ミルクアイランド
と言うアイスが絶品。とても濃厚です。

お土産を物色した後に訪れた所は、鈴鹿サーキット
歴史館。写真は本田宗一郎氏と藤沢武雄氏。
鈴鹿サーキットは、本田氏の「オレはサーキットが
欲しいんだ。車はレースをやらなくては良くならない」
と言う声から、始まったとされています。

こちらは鈴鹿サーキットの原案。
最初の候補地は水田地帯が予定されたが、
「田んぼをつぶしてはいかん。何もない山林原野を
使え!」と米を粗末にしてはいけないという
本田氏らしい主張によってこの地になったとか。

そしてこの様に何度かのデザイン変更を経て
鈴鹿サーキットは建設されました。
何度か小変更をしてますが、基本は前から
変わっていない事がわかります。

そんなことをしている内にアシモの開演時間が
迫っていました。良い席で見るため早めに移動。
見事正面最前列に座れました。
これは待ち時間に見た、ホンダロボットの歴史です。

そして現在はご存知アシモ。
身長はなんと120cm!重量も50kgと、
かなり実用化に近づいていることがわかります。
実際見ると、小さくて可愛いですよ。

さあアシモ登場です。

手を振りながら、歩いてきました。
よーく見ると、目が有って可愛い顔してます。

そんなアシモはフラダンスを踊ったり、

得意技の階段上りを披露したり、

技術的にとても難しい、階段下がりを見せてくれたり、

高度な技のサッカーボール蹴りを見せてくれました。

最後はみんなに挨拶。

手を振ると振り替えす、カワイイ奴です。(笑)

アシモを見を終わった後、天気が回復したため、
もう一度観覧車へ。
今度は雨粒もなく綺麗に撮れました。
が、台数が少ないような????
(クリックすると大きい写真が見れます)

また最大望遠で我が愛車をパチリ。

関東勢の愛車紹介。
まずは三重に移られたかくさんのCF6。

去年まで同じブラックのSiRに乗られていたのぶりんさん。
今年はオデで参加。

じゅんいちさんのCF2。CE系が
今回少なかったのはとても残念でした。

ほーりーさんのCH9。関東のボス!(笑)

ご存知MTのSiR。YaneuraさんのCH9。
見た目はノーマルに近くなりましたが、中身は
相変わらず進化してました。

そして今回のリーサルウエポン。(笑)
まちゃにいさんのCH9です。
雨確実と言われた天気を、中盤まで曇りで食い止めた
関東を代表する晴れ男様でございます。

そして我がCH9。
ここに来ちゃえば大人しい物です、うちの車は。(^_^;)

その後サーキット走行まで、関東勢でバカ話をして
過ごしました。話の内容はここでは書けません。(爆)

マーシャルカーが到着し、これからコース走行の説明が始まります。

今年はピットではなく、グリッド上からのスタート
私は3組目の最後尾(^_^;) 決して予選が
遅かった訳では有りません。念のため。

別角度から。
実はこの時は大雨で、雷は鳴るわの大騒ぎでした。
あと一時間早ければ、ドライだったのに...。

サーキットを踏みしめる機会は早々無いので、
雨の中降りて記念撮影。

私も一枚。

鈴鹿のコースを紹介。今回も走行するのは勿論国際フルコース。
これから各ポイントを車載カメラ(P900iV(爆))で撮った、画像をキャプチャーして紹介します。
(因みにこのムービーはこちら。)

第1コーナー&第2コーナー

S字カーブ

ダンロップカーブ

デグナー

世界でも珍しい立体交差。

ヘアピン

200R

スプーン

バックストレート

130R

カシオトライアングル(シケイン)

最終コーナー

メインストレート

ピットロード

走行後、パドックに関東勢が集まりお見送り。

その後関東勢は、ツーリング隊を組んで帰り、
御在所SAで夕食を取ったそうです。
(私は伊勢自動車道で帰ったので、
ここでお別れしました。すいません。)

宜しければ、サーキット走行のムービーもご覧下さい。
※雨とネット向けの圧縮で、若干ぼやけ気味です。

そして来年も開催されたら、一緒に走りましょう!

鷲のマークのステッカーが、去年のオフ記念ステッカー。
その上が、今年の記念ステッカーです。

アコードワゴンクラブのステッカーの上に貼ってあるのが、
yaneさんに頂いた、AWC関東支部のステッカーです。




PHOTOのトップに戻る。
cargalleryのトップに戻る。




Copyright (C) "takechan@machida" 2000-2011 All Rights Reserved.