CH9パーツインプレ 吸排気編

このサイトの現在の閲覧者

検索ページ等で来た方で、フレームが表示されて無い方はここをクリックして下さい。


皆でアコードワゴン(CF/CH系)のモデルカーリリースをお願いしよう!

MY CH9 PartsData
吸排気編

マフラー

とうとう憧れのモデューロ スポーツマフラーに換装しました。中古ですが、とても低価格で手に入れられて満足してます。
しかも前期型だったようで、マッチングもいい感じです。
音量比較に関しては実際にムービーを見ていただくと分かりやすいと思いますが、、文章で感想を書くと、

・アイドリングは純正と同じ位静か。しかしなかなか良い低音です。音量よりも音質が変化すると思っていただければいいと思います。
ちなみにイグニッションを回した時の最初の低音がとても痺れます。うーん、レーシーって感じ。(笑)

・常用域(1000〜2500rpm辺り)には発信の時に心地良い低音がなった後は、下手したら純正マフラーよりも静かなくらい。でも決してトルク抜けは起こしてません。個人的にはちょっと増えたと思うくらい。
これなら普通のシチュエーションで使う分には純正と変わらず、住宅地を走るときに迷惑になったり、オーディオの妨げや同乗者に不快な気持ち(特に後部座席の人ね)にもさせません。これは大きなポイントではないでしょうか。
90〜100km巡回でも全然うるさくないです。高速道路に出るとうるさくて嫌になるって事は無いと思います。


・中域(3000〜4000rpm辺り)の音はとても良いです。
ついマニュアルシフトで1,2速で引っ張りたくなりますが、決してうるさくないのが良いですね。これも音量は純正並ですが、音質が変わったと思っていただければ良いです。
私の感想としては、とてもスポーツマインドに駆り立てられる音だと思います。

・ハイカムに入った時(5000rpm辺り)の音は最高!
甲高いVTECサウンドと低音の心地良いエキゾーストが楽しめます。音量はここでは純正よりもやや高め。この味付けはにくい所。
ここら辺の回転域は普通の走行ではほとんど使わないので、純正よりうるさくても不満が無いと思います。むしろこの味付けの方が良いかと。

走行性能に関しては、リアピースだけの交換モデルなので劇的な変化はありません。しかし全体的にバランスが取れていて、中低速のトルクに若干変化(トルクが増えた)が感じられました。まあ漠然となんとなく乗りやすくなったかなあって感じ位です。すくなくても決してデメリットは無いですね。

結論としてはリヤビューを引き締めたい、もしくはエキゾーストの音質をもっとレーシーにしたいが、爆音マフラーは困ると言う方にお勧めです。
とくに家族の居るユーザーにお勧めしたいです。見た目はオールステンで申し分ないですし、普通に走れば純正マフラーと変わりません。(家の奥さんは、3000rpmまで回さないと気付きませんでした。しかもオーディオOFFで。)
後部座席に座る方は、思ったよりもエキゾーストが聞こえているものです。自分だけで楽しむのであれば、もうちょっと音量の出るマフラーでも良いのでしょうが(レガリスRやハイブリッドメガホン辺り)、家族の居る方はそこら辺の思いやりが必要でしょう。走っている人以外はエキゾーストなんてうるさいだけです。
一人で走るときは、マニュアルモードで引っ張りながら走れば、希望通りの音が出ると思います。

このマフラーのおかげでまた走る楽しみがふえました。中古ですが、とても良い買い物だったと思います。

マフラー音量比較。(純正マフラーの音量で基準を合わせてから比較してみてください。)
純正マフラーの音量 (MPEG 430kB) モデューロスポーツマフラーの音量 (MPEG 460kB)

過去のマフラー

何のことは無い普通の純正マフラーです。
一応マフラーカッターが付いているものの余りカッコよくは無いです。
ただ、あの静粛性は捨てがたいんですよね。この車はハイカム時のエンジン音で楽しむもんだと思ってるし。
もし変えるとしたら、純正オプションのスポーツマフラーか、藤壺のレガリスRでしょうか。
純正マフラーも、静粛性とパワーをうまく両立した良いマフラーだとは思うんですけどね。
ツインサイレンサーのカッコよさをアピールするには、交換した方がよさそう。


エンジンオイル

 

オイルはHONDA ULTLA GOLD SM SAE:5W-40、もしくは無限VT-R SM SAE:0W-40を使っています。
因みに私は油脂関係は全て純正用品しか入れません。
(というか、走行性能に関わる物は全て純正です。特に油脂関係は純正をお勧めします。エンジンは純正オイルとリファレンスとして開発されているのですから、これ以上の相性はありません。)

ULTLA GOLD SMは化学合成100%のオイルで、5W-40と言う事で高温性能も優れているので高回転型のDOHC VTECにはベストマッチです。本当はMILD SMだったら工賃込みで1000円(!)でやってもらえるのですが、ここはケチっちゃいけません。
このオイルはアイドリングから回転が安定しますし、なんと言ってもエンジンのフィーリングが最高!VTECに入れたときなんて、本当に気持ちよくてどんどん回しちゃいます。^^; もちろん純正なので持ちも問題無し。SiR乗りにはお勧めのオイルです。(SOHCの方はお勧めしません。MILDかLTDの方が良いでしょう)

対して無限VT-Rは滑らかさ、吹け上がり感が更に上。
アイドリング、町乗り時は本当に静かで低フリクションである事をとても感じられるし、また自分の様に高回転まで回すバカなドライバーには、VTEC切り変わりの息切れ感の無さや有機モリブデン添加による低フリクション性の恩恵でふけ上がりが良く、レッドゾーンまで一気に向かっていく感覚を楽しむことが出来ます。
正直な話、今までのアクセルワークで同じ様に走らせると、スピードがいつもより出てしまってびっくりした位です。

これならジェントルに走る方には0W-40という性能恩恵で、静粛性と省燃費性が期待できるし、高回転までエンジンを回す人にはよりエンジン性能を発揮することが出来ると思います。
これはかなりお勧めなオイルですね。また無限とは書いてありますが、基本は純正オイルなので品質面も心配ないですよ。
入れるなら、量り売りで入れてくれるディーラーやお店がお勧めです。



スパークプラグ

プラグはデンソーイリジウムパワーをつかってます。基本的に純正部品を好んで使ってましたが、イリジウムは入れたほうが良いとかなりのお勧めを頂きまして、交換に至った次第です。
正直、トルクアップなどのパワーが上がった体感はありませんでした。しかしアイドリングが静かになり、走行中もとても静かに感じます。回転のフィーリングも滑らかに感じます。また発進時のレスポンスも良い感じがします。
特に信号待ちのDレンジに入れたままブレーキを踏む時には、かなり振動が減った様に感じられます。俗に言うパワーアップは感じませんでしたが、このフィーリングの良さには入れて良かったなと感じてます。


スパークプラグケーブル



値は張るが、フォーミュラーニッポンでも採用されているという性能の高さに惹かれて、NGKのパワープラグをチョイス。
ただこちらもイリジウムプラグと同じくトルクアップは感じませんでした。しかしイリジウムプラグのみの時よりも更にエンジンの回転は滑らかに。アクセルを踏んだときのフィーリングが抜群です。こいつは凄い。クリープで走る時もスーッと滑り出すような感覚。感じとして燃費は確実にアップしそうです。全然ロスを感じませんから。
トップエンドまで回してみると綺麗にレッドゾーンまで回っていくのがわかります。高回転域ではパワーアップも感じました。
結論として実用域のトルクアップはともかく、ミスファイヤなどが無くなり、確実にロスが減っているのは実感しました。高回転域ではパワーアップも実感出来ました。高回転形のVTECエンジンにはスムースな吹け上がりが期待できるため、お勧めできるパーツかと思います。

疑問点がございましたら、BBSなどに遠慮なくご質問を
CH9のパーツページへ戻る
CH9のトップページへ戻る




Copyright (C) "takechan@machida" 2000-2011 All Rights Reserved.