モータースポーツジャパン2006

このサイトの現在の閲覧者

検索ページ等で来た方で、フレームが表示されて無い方はここをクリックして下さい。

モータースポーツジャパン2006 フェスティバルインお台場
(2006年9月23日〜24日)



2006年9月23日より、モータスポーツファンは必見のイベントがお台場にて開幕しました!
題して、 モータースポーツジャパン2006 フェスティバルインお台場!
日本のモータースポーツが今まで以上に社会に定着するように、モータースポーツが持つ文化的な側面を広くアピールする
手段としてかつてない規模と内容をもって開催されるイベントとの事で、
“間近に見て、聞いて、触れて、モータースポーツの醍醐味の一部だけでも味わって欲しい”
という意図で行われます。今年が初開催となり、今後一年に一回開かれるイベントとなるそうです。

早速23日に行ってまいりましたので、写真を公開します。

因みに私が興味のあるカテゴリーのみです。ラリーなどの写真は含まれておりません。ご了承を。

会場マップ、及び展示内容は以下となっております。


メインテーマ企画

F1
ホンダRA301(1968)★
ウイリアムズ・ホンダFW11(1986)
マクラーレン・ホンダMP4/4(1988)
ロータス・ホンダ100T(1988)
トヨタTF103(2003)
ホンダRA106(2006)★

ラリー/ラリーレイド
ダットサン富士号(1958・豪州ラリー)
ニッサン・フェアレディ240Z(1971・サファリラリー)
三菱ランサー1600GSR(1974・WRC)
マツダ・サバンナRX-7(1979・モンテカルロラリー)
三菱パジェロ(1985・ダカールラリー)
トヨタ・セリカGT-FOUR ST165(1990・WRC)★
三菱パジェロ(2002・ダカールラリー)★
三菱ランサー エボリューションIX(2006・WRCグループN)★
スバル・インプレッサWRC2006(2006・WRC)
スバル・インプレッサWRX STI(2006・WRCグループN)★
スズキ・スイフトS1600(2006・WRCスーパー1600)★

ル・マン24時間レース
ニッサンR85V(1985)
マツダ767B(1989)
マツダ787B(1991)
トヨタTS010(1992)★
ホンダNSX(1995)
ニッサンR390GT1(1998)★
★は走行車両

出展車両(カテゴリー別・年代順)

スーパーアグリSA05(2006・F1)
ニッサン・バイオレット(1980・サファリラリー)
三菱パジェロ(1992・ダカールラリー)
スバル・レガシィRS(1993・WRC)
スバル・インプレッサ555(1993・WRC)
三菱ランサー エボリューションVI(2000・WRC)
スズキ・イグニススーパー1600(2003・WRCスーパー1600)
スズキ・イグニススーパー1600(2004・WRCスーパー1600)
三菱ランサーWRC05(2005・WRC)
スバル・インプレッサWRC2006(2006・WRC)
カルソニックニッサンR92CP(1992・JSPC)★
ローラFN06・トヨタ/Team BOSS・INGING(2006・フォーミュラニッポン)★
ローラFN06・トヨタ/Team BOSS・INGING(2006・フォーミュラニッポン)
ローラFN06・トヨタ/mobilecast TEAM IMPUL(2006・フォーミュラ・ニッポン)★
ローラFN06・トヨタ/mobilecast TEAM IMPUL(2006・フォーミュラ・ニッポン)
ニッサンR381(1968・日本GP)★
トヨタ7 5 (1969・日本GP)★
ニッサンR382 (1969・日本GP)
カーマンアパッチ(1969・日本GP)
コニリオ(1969・日本GP)
ニッサン・スカイラインGT-R KPGC-10(1972・全日本ツーリングカー選手権)
無限MOTULシビック(1987・JTC)
ユニシアジェックスカミノ(1996・JTCC)
カストロール無限アコード(1997・JTCC)
[ixi:z]ニッサン・ラルト(1982・フォーミュラ・パシフィック)
Honda・無限F107(2006・F3)★
クラージュLC70(2006・JLMC)
ザイテック05S(2006・JLMC)
フェラーリ550 maranello GT1(2006・JLMC)
ニッサン・サニー B110(1972・TSレース)
トヨタ・スターレット KP47(1973・TSレース)
ホンダ・シビック(1984・TSレース)
オーリンズランサーEVOワゴン(2006・スーパー耐久)★
FUJITSUBO hpi IMPREZA(2006・スーパー耐久)★
C-WEST ADVAN Z(2006・スーパー耐久)
エンドレスインプレッサ(2006・スーパー耐久)
トヨタ2000GT(1966・国際速度記録チャレンジ)
三菱トライトン(2006・アジアクロスカントリーラリー)
RX-8(2006・RX-8パーティーレース)
★は走行車両



お台場へは車で向かい青梅東臨時駐車場に止めて、ゲート2から入場しました。

A エンターテイメントゾーン
ホンダブース

ホンダ RA272
第1期ホンダF1の初優勝マシン
このマシンは優勝したリッチー・ギンサーの物ではなく、
チームメートのロニー・バックナムの物

ホンダ RA106
第3期ホンダF1の初優勝マシン
このマシンはご存知ジェンソン・バトンの物
またタバコスポンサーレスのマーキング仕様となっている

RA168E
ホンダF1第2期である、1988年 マクラーレンMP4/4に
搭載されていた。馬力は最高で700psを超え、16戦15勝を達成。
まさに最強エンジン。また今の所ではホンダF1エンジンの
最後のターボモデルでもある。なんと1.5リッター V6(!)

RA109E
ホンダF1第2期である、1989年 マクラーレンMP4/5に
搭載されていた。16戦10勝を達成。
ドライバーズチャンピオン、コンストラクターズチャンピオンの
原動力に。3.5リッター V10

RA121E
ホンダF1第2期である、1991年 マクラーレンMP4/6に
搭載されていた。セナのドライブで開幕4連勝を達成。
6年連続のコンストラクターズ、5年連続のドライバーズの
ダブルチャンピオンを獲得。3.5リッター V12

RA005E
ホンダF1第3期である、2005年 B・A・R Honda 007に
搭載されていた。エンジンの出来はまずまずだった物の、
序盤でのB・A・R Honda 007の戦闘力不足により苦戦。
3.0リッター V10

RA806E
ホンダF1第3期である、2006年 Honda RA106に搭載。第3期初優勝に導くなど活躍中。2.4リッター V8

ジャパンルマンチャレンジブース

DUNLOP Zytek 05S

無限 COURAGE LC70

DUNLOP Ferrari 550 GT1
SUPER GTブース

カストロール・トムス・スープラ
1997年 JGTC(現SUPER GT)チャンピオンマシン。
ペドロ・デ・ラ・ロサ、ミハエル・クルムがドライブ

ザナヴィ ニスモ GT-R
2003年 JGTC(現SUPER GT)チャンピオンマシン。
本山哲、ミハエル・クルムがドライブ
トヨタブース

TOYOTA TF104
1994年にレギュラーにオリビエ・パニスとクリスチアーノ・ダ・マッタ、スポットでリカルド・ゾンタとヤルノ・トゥルーリがドライブした。
正直言って失敗作。展示されている物は当時のものとは違い、今年のスポンサーの物にマーキングが変更されていた。
オートバックスセブンブース
 
SUPER AGURI SA05
佐藤琢磨が今年ドライブしていたマシン。
2002年にアロウズが使用していたシャシー「A23」をベースに、2006年のレギュレーションに適合させた実質4年落ちの為、
戦闘力が他チームのマシン比べて著しく低かった。しかし佐藤琢磨のテクニックによりMF1、トロロッソとのバトルや完走を何度も経験。
一方チームメートの井出有治についてはご存知の通り...。

B メインイベントゾーン
ル・マン24時間レース
 
チーム国光 ホンダNSX
1995年 ル・マン24時間耐久レース GT2クラス優勝マシン
高橋国光、土屋圭市、飯田章がドライブ。


マツダ787B
1991年 ル・マン24時間耐久レース 日本車初の総合優勝獲得
ドライバーはジョニー・ハーバート、ベルトラン・ガショー、
フォルカー・ヴァイドラー。

ニッサンR85V
1986年 ル・マン24時間耐久レース 日産車初完走となる
16位を獲得。
F1ブース

ウイリアムズ・ホンダFW11
1986年 コンストラクターズチャンピオン獲得マシン
噂では1500馬力を誇ったと言われる。
ドライバーはピケとマンセル。(写真はピケのマシン)

マクラーレン・ホンダMP4/4
1988年に2人で16戦中15勝(セナ8勝、プロスト7勝)、
ポールポジションも15回(セナ13回、プロスト2回)獲得という
前人未到の記録を達成。伝説の最強マシン。
セナが初めてドライバーズタイトルを獲得したマシンでもある。

ロータス・ホンダ100T
1988年にデビュー2年目の中嶋悟がドライブしたマシン
残念ながら大失敗作。マクラーレンMP4/4と同じエンジンを
搭載しながら、元チャンピオンのピケを持ってしても3位が
限界だった。この年でロータス・ホンダは終了。

TOYOTA TF103
2003年にオリビエ・パニスとクリスチアーノ・ダ・マッタがドライブ。
これも失敗作。前年のチャンピオンマシン、フェラーリF2002を
模したのではないかと疑惑が持ち上がったが、戦闘力は
全くなし。(笑)こちらも展示されている物は当時のものとは違い、
今年のスポンサーの物にマーキングが変更されていた。
RS☆Rブース

RS☆Rシルビア
今はトヨタのイメージが強いRACING PROJECT BANDOHも、過去はRS-Rレーシングwith BANDOHとして
ニッサンユーザーであった事がありました。写真のシルビアは1997年のチャンピオンマシンで、織戸学と福山英朗がドライブした物。
走行エリア

走行エリアではSUPER GT車両のデモランを観覧してきました。
先ずはザナヴィニスモZから。

ザナヴィニスモZ
2005年に、本山哲とリチャード・ライアンがドライブ。
今回のデモ走行は本山哲がドライブ

ショートコースとは言えなかなかのスピード
写真に収めるのも一苦労です。(笑)
Zはターボらしく野太いエキゾーストノートを奏でてました。
今回録音したZのエキゾーストはこちら

このマシンは2005年型なので、本山選手もかなり無茶な
ことをやってました。まずはコース逆走。

そしてスピンターン!

良いデモを見させていただきました。
ありがとう本山選手!

次に我らがTAKATA童夢NSX!

TAKATA童夢NSX
なんと持ち込んだのは今年のレース車両!しかもこの車両が
9/26,27に行われる富士スピードウェイ合同テストで
使われるとあって、セッティングは富士仕様との事。
ドライバーは道上龍、小暮卓史のコンビ。
チャンピオンもまだまだ射程圏内。
今回のデモランは道上選手が担当。

レース車両の為、あまり無理が出来ない状態の中、
NSXの特性であるコーナリングのクイックさを味わってもらう為に
このショートコースでかなり頑張ってくれました。
ストレートの速さもなかなかです。

そして特筆すべきはエキゾーストノート!Zとは違う、
NA特有の甲高いホンダサウンドを響かせてくれました。
やっぱりエンジンはホンダのVTECに限る。(笑)
今回録音したエキゾーストはこちら

今年のレース車両を持ち込んでくれた童夢に感謝!
道上選手はもっと走りたそうだったけど...。

因みにうちの息子も大満足でした。
C 展示ゾーン

ホンダ・シビック

ニッサン・スカイラインGT-R KPGC-10

ユニシアジェックスカミノ
なつかしのJTCCマシン。今でも復活希望。

カストロール無限アコード
JTCCでは本当にアコードが強かった!
このマシンは中子修がドライブし、チャンピオンに。

無限MOTULシビック
さらになつかしのJTCマシン

ホンダRA301
1968年に走った、ホンダ第1期F1最後のマシン。
第一期では最強であったにも拘らず、ホンダ社内のRA302を
巡るごたごたにより結果を出せなかった悲運のマシン。
またRA302では死亡事故を起こすなど最悪のシーズンでした。

こちらのエリアにもRA106がありました。
このRA106はデモランで走る車両です。
うちは小さい子供を連れている関係上、長居出来なかったので
残念ながら走行は見れませんでした。
しかしエキゾーストノートは楽しみましたよ!
あの甲高さはさすがホンダミュージックと評されるだけあると思います。
録音してきたエキゾーストはこちら 注:雑音多し

デモランが終わったTAKATA童夢NSXはこちらのエリアで
展示されていました。
 
最後にNSXと一緒に記念撮影

是非来年も行きたいです。ちゃんと毎年やってくださいね!(笑)

PHOTOのトップに戻る。
cargalleryのトップに戻る。




Copyright (C) "takechan@machida" 2000-2011 All Rights Reserved.