たけちゃんの餃子の美味しい焼き方

このサイトの現在の閲覧者

検索ページ等で来た方で、フレームが表示されて無い方はここをクリックして下さい。

餃子の美味しい焼き方

そこで私が普段使っている”美味しい餃子の焼き方”をご紹介。
これを使えば、手作りだろうが、チルドだろうが、冷凍だろうが簡単に美味しく焼く事が出来ます。
なんと言っても一番難しい火加減の調整がありません。なので誰でも出来ます!

実はこの技は、あるTVで紹介された方法がベースなのですが、私が色々試した結果、一番最善な方法にリメイクしてあります。
焼き方だけで、ここまで味が変わるって事を是非何時もの餃子で実感してください。

ってここはパスタのコーナーだろうに...。だんだんいい加減になってきたなあ。
まあ、イタリア語辞典を引くと、パスタは”小麦粉を使った料理の総称”って書いてあるし、ま、良いか。(笑)
(お好み焼き店”ぱすたかん”の店名の由来は、上記の理由からです。)

※もっと簡単に出来るように改定しました。
旨さの秘密は、煮る→蒸す→焼くの過程が出来ているから。従来の2度焼き方式では出来ないもちもち感が決めてです。



焼き方
1.まずやかんでお湯を沸かします。その間にフライパンに餃子を並べておきます。(フライパンは冷えていて平気です)
2.お湯が沸いたら、フライパンにお湯を注ぎます。注ぐ量は1〜1.5cm位。
3.お湯が注げたら、ふたをして強火で水が無くなるまで加熱します。
4.一度火を止めて餃子をフライパンから剥がし、フライパンにごま油(サラダ油)を大さじ1杯程度入れ、よくフライパンと餃子の底部に油を馴染ませたら、ふたをして強火で30秒から1分位焼きます。
5.餃子の底を見て焼き色を確認し、美味しそうな焼き色が付いていたら完成。まだだった場合はふたをして更に10秒くらいずつ確認していってください。

下はパリッと、上はモチモチ。写真じゃ分かりにくいですが、具が透けて見えているのが美味しいポイントです。

パスタのトップページへ戻る



Copyright (C) "takechan@machida" 2000-2011 All Rights Reserved.