« ニキシー管温度計を作る!(パッケージング検討編) |メイン| ニキシー管温度計を作る!(トラブル発生編) »

2016年12月25日

ニキシー管温度計を作る!(実装編)

前回のブログの続きです。

まずはCADを使って、レイアウト検討を実施しました。
その検討結果に従って、ニキシー管をマウントしてみます。

CADで書いた図面を実寸大でプリントアウトし、ユニバーサル基板に貼り付けます。
14827366146860.jpg
これがユニバーサル基板。工作に使える、汎用の基板です。
14827366289221.jpg
この型紙通り、ニキシー管のマウントと穴あけを実施すれば、CADの検討結果通りになるって目論見です。

14827366491160.jpg14827366682510.jpg
今回使うニキシー管、数字の陰極が見えるのがIN-14、複雑な形の陰極の物がIN-19Aです。どちらも旧ソ連製のデッドストック品です。
ピッチが合わず無茶苦茶苦戦しながらもマウントが終わったら、次は配線。
nixie4.pngnixie5.png
14827377227260.jpg
データシート記載のピンアサインをにらめっこしながら、制御基板へ接続するための配線を作っていきます。

なんとか完成。
14827367014401.jpg
裏は。。。見ちゃダメw
14827367213882.jpg

さて次は制御基板と電源基板の作成。
14827367315143.jpg14827367391624.jpg
こちらはキットなんでなんてことはありません。さくっと半田付けしちゃいます。

完成したら、各基板との接続を実施して、
IMG_20161226_162410.jpg
動作確認!
IMG_20161226_162053.jpgIMG_20161226_162242.jpg
うし!一発動作!最初に整数が表示され、数秒後に少数が表示される仕組み。写真だと、24.2℃ってことになります。

後はショートしないように、樹脂スペーサーで足を付けて纏めていきます。
14827371145700.jpg
うむ、想定通りの仕上がり!なかなかコンパクトに纏まった。

次回ケース作成編へ続きます。(次回は来年初めになります。)
→って思ったら、やっぱり発生w トラブル発生編へ続きます。(^_^;)

投稿者 たけちゃん@町田 : 2016年12月25日 23:13


Counter