« 無限サーキットチャレンジの写真 |メイン| 富士に変わって秩父。 »

2010年9月11日

凄い人だったんだ。。。。 & 写真アップ

今日は富士スピードウェイに居る予定でしたが、ご存知の通り台風の影響でSUPER GT 第7戦は中止となりました。小山町の方々の事を考えたら賢明な判断です。
昨日はわざわざ新日本プロレスの方からも中止のご連絡を頂きました。(同時開催されるプロレスのリングサイド券も買っていたからね) 関係各位の方々、本当にご苦労様です。

ただ息子が半端なくガッカリしているのがとても残念です。幼稚園の先生や友達にも週末はFSWに行くって言っていたみたいで。(^_^;) 中止の原因など理解できるわけもなく、ただガッカリって感じです。まあうちの息子はそれが原因で泣き喚いたりしないので助かりますが。明日はドライブでも連れて行ってあげないとな。

因みに色々お誘いを頂いたのですが、富士の代替イベントなどに関しては自分は興味は無いので行きません。小山町の募金に関しては専用口座が開かれたと聞いたので検討しています。ま、被害があったのは小山町だけではないので、もっといい手は無いのかと考えてますが。
その代替イベントは当初片岡選手の発案でもともとトヨタパブリックビューイングを開催する予定だった、PIT STOP CAFEで開催するなったのですが、それに対し「ホンダニッサンの選手は何もやらないのか?」と無責任な事を言う人が多く、閉口してしまいました。これも興味のなくなった一因かな。こんな人たちと一緒に思われたくないからね。
選手や企業にはそれぞれ事情があるのですよ。。。。ましてやそんなイベントを開くならば、色々な事を考慮しなくてはならない。そういう事がわからない人が多すぎるなってヒシヒシと感じてしまいました。
最終的には多くのドライバーが参加したでしょ。本当に歯がゆかったのはドライバー本人であった事は言うまでもありません。

さて、今日はF1 イタリアGP。高速のモンツァで行われます。昨日のFPでは意外にもレッドブルが速くてびっくり。ルノーエンジンのハンデなどものともしない勢いです。
そうそうそのルノー絡みの話なんですが、今年参戦しているペトロフ、実はキャリアの礎になったのがあの井上隆智穂だった事を知り、ビックリしました。確かに彼は若手ドライバーのマネージメント業をしていると聞いていましたが、ここまで実績を上げていたとは。
彼のツイッターを見ていたところ、

「ちなみに僕が、ヴィタリー・ペトロフウクライナからイタリアに連れてきてFRをやらせた時は、彼が20歳の時でした。それまでは、彼はファーミュラの経験はゼロでした。 年齢だけで考えると彼は、全く遅すぎるスタートでしたが、今では、立派なF1パイロットです。」

と。調べてみると、確かにフォーミュラ・ルノーユーロバレーシングからエントリーしている。(ノバの名前が冠されているから、多分関係あるよね?)
何かと今であれば左近と比較されるけど、彼は別に金持ちでもなかったし、メーカーの後ろ盾も無かった。しかし自分でスポンサーを集め、マネージャーを使わずシートをゲットした手腕は、ビジネスの才能に関しては飛びぬけていたかもしれない。
しかもドライバーとしても実は今のF1の基準で行けばポイントゲットをしっかりしているドライバーだったりするんですよね。同僚だった、パピスにも予選で勝つこともあったし。(パピスはその後アメリカでブレイクした実力あるドライバー)
実はスルーされるには惜しすぎるドライバーであったことは間違いない。
こんな人が亜久里さんとジョイントを組んでいたら、実はまた違う未来があったのかもしれない。。。

そうそう、先日の無限サーキットチャレンジの写真が上がってきました。
mugen_cc_100904_065.jpg
歓談中を盗撮されました。(笑) 右が自分。
mugen_cc_100904_064.jpg
集合写真
mugen_cc_100904_056.jpg
S字〜最終コーナーでの写真。

写真はこちらに載せてありますので、ご覧下さい。
http://www.takechan-machida.com/blog/archives/000588.html

イベント全体をご覧になりたい方は、フォトクリエイトさんのオールスポーツコミュニティのページをご覧下さい。
http://allsports.jp/event/00035383.html

因みに写真はどうやってダウンロードするのって質問には答えませんのでw あしからず。

投稿者 たけちゃん@町田 : 2010年9月11日 14:05


Counter