« さくら通り・リベンジ |メイン| 冗談だろ。。。 »

2009年4月19日

趣味には妥協しない。(笑)

私、趣味には妥協しません。少々疲れていても、このために仕事をしているわけですから、こういうことには時間を惜しみません。(笑)
(いやいや、ちゃんと仕事もやっておりますよ)

てな訳で、今回はこんなんやってみました。
S2000 エンジンスターターボタン取り付け。


車好きの男なら誰もが憧れるこのアイテム。自分も前車アコードワゴンではなんとか自作でインストールしておりました。

そしてアコードユーロRに乗り換えた今、このアイテムから遠ざかり、部品だけが手元に残ったわけですが。。。よくよくパーツを見ると、CH9(アコードワゴン)とCL7(アコードユーロR)では、キーシリンダーカプラーが同形状である事が判明。(スマートキー装着車を除く)
なんと今ある部品でそのまま付けられる事がわかったので、即実行に至りましたwww

まずインストール位置ですが。。。

右端のメクラパネルに決定!以前のアコードワゴンはフォグスイッチやらサンルーフスイッチやらでインストールできなかった場所ですが、ユーロRはサンルーフなんて軟派な物は付いてないので(笑)、スイッチパネルはガラガラ。ここにスイッチパネルを自作してインストールすることにしました。
またついでにずっとコインボックスに仮付けになっていた、ETCもちゃんと取り付けてあげることにしました。

まずはスイッチパネルの設計。

久々に図面なんて引いたぞ。(^_^;) 流石に加工技術は未熟なので、この図面でアクリルパネルを発注。出来た物がこれ。

うん、綺麗。(*^_^*)

そして回路図

ま、こいつは元々本職だっただけに、楽勝です。(笑)
で、さくっと作ったリレーハーネスキットがこちら。

これをキーシリンダーカプラに割り込ませて、ボタンでもエンジンを始動させる事が出来るようにする目論見です。


さあ、つぎはパネルの製作開始。

まずはアンダーパネルを外し、メクラパネル部分だけ取り出します。
今回はメクラパネル右端2つ分を使います。

これを先ほどのアクリル板をあてがい、ドライヤーで暖めて軟らかくして、微妙なアールにフィットするように成型します。(やけど注意)

この通りアールが付きました。(手が汚くてゴメン。。。)

これにスイッチユニットにはめ込み、ボンドで貼り付け。裏側で見えないので、たっぷりと。

そしてメクラパネルは間のリブが邪魔になるので、切り取ります。

一日置いて、パネルと貼り合わせたら完成!

実はパネルにはカーボン調のカッティングシートを貼ろうと思ったのですが、思った以上に色味に違和感が無いので、このままで行く事にしました。カーボンシートは買った意味無し。(^_^;)

さて、取り付け前に12V電源に繋げて、動作実験です。まずは照明。

本来は赤の照明色ですが、ユーロRはアンバーの照明で統一されているので、今回はアンバーになるように調色。いい感じのオレンジになりました。

次に動作試験。まずはスイッチを押さない場合。

テスターはバッテリー電源とスターター線の間の抵抗値を測っています。
スイッチを押さない場合は、無限大なのでOK。電流は流れないのでエンジンはかかりません。
次にスイッチを押した場合。

抵抗値が0Ωになったので、これでスターター線に電流が流れ、セルが回るはずです。動作は完璧。

では、実際に取り付けてみます。
まずはアンダーパネルとステアリングコラムカバーを外して、キーシリンダーカプラーを外します。

そしてこのリレーハーネスキットを割り込ませて、ギアをニュートラルに入れて。。。キーをIIの位置に入れて、ボタンをポチ。。。

おお、エンジンがかかりました!成功です。(笑)
※うちの車はクラッチスタートシステムはキャンセルしてあります。

そしてパネルを戻した写真がこちら。

意外に悪くないでしょ?80点はあげられる出来です。超自己満アイテムwww

またETCもちゃんと取り付けました。

これでコインケースがやっと使えます。(^_^;)

こーんな感じで、土日はこの製作で時間を費やしましたとさ。
さて。次は何に着手しようか?ドアミラーウインカーポジションかな?


今日行われた、SUPER GTF1。どちらもまだ結果を知らない人が居ると思うので、結果には触れませんが。。。どちらも波乱でしたね。
ただSUPER GTの方は。。。今回ペナルティを受けたご両人はただで済ましちゃあいけないでしょうね。まずお一方は第1戦に続きの醜態。
そしてもう一方は。。。友達にもファンが多いし、自分も嫌いなドライバーじゃないけど、今回の事態は重く見たほうが良いと思います。少なくても次の富士には出ちゃいけないでしょうね。出たくてもGTAモラルハザード次第では、出場停止の可能性もありますが。
明らかに速いドライバーなのに、あの確実性の無さは何なんだろうか。。。。ホントガックリ。

F1に関してはまたこれじゃねえ。。。でもこの結果は予想できなかったな。

投稿者 たけちゃん@町田 : 2009年4月19日 21:08


Counter