« さよなら。。。、そしてようこそ! |メイン| 生きてます(^_^;) »

2008年12月 6日

勇気ある決断

すいません、最近忙しかったものでご無沙汰しちゃいました。 
でも今日は日記を書かざるを得ないですよね。 

ホンダF1撤退を発表しました。ついにこの日が来てしまったかというのが正直な感想で、やっぱりショックです。 
まあ状況が分からない人は、ホンダスピリットはどこに行ったとか、本田宗一郎が天国で怒っているとかいい加減な事を行ってますが、正直な所今のF1には多大なコストをかけ続けるほどの広告価値も無いし、技術的フィードバックも無いんです。 

 

 

かつてエンジン開発が自由だった時代。エンジン屋のホンダはご存知の通り、最強エンジンの名を欲しいままにしていました。シャシーとしてはとても貧弱なかつてのマクラーレンで、16戦15勝などの快挙を成し得たのは、間違い無くホンダエンジンのおかげといっていいです。 
そしてそのF1で得た技術をフィードバックして、あのVTECが産まれたのは有名な話です。 
ホンダが低燃費エンジンを作る事に優れていたり、世界初で4輪ダブルウイッシュボーンサスを採用したのもレースのフィードバックが大きかったでしょう。 

しかし今は違います。エンジンは開発を原則凍結。他の部分も規則に雁字搦めにされ、メカニカル的には各マシンに個性はありません。空力に関しては現在でもいろいろなアイディアを生かせる部分ですが、残念ながら市販車にてフィードバックできる部分はまず無いでしょう。 
来年からはKERSと呼ばれる、まあハイブリッドシステムの様な物が積まれる事になってましたが、これも市販車に応用できるようなシステムではない事は良く知られてます。 


こんな状況下で無駄にF1にコストをかけて、一方でトヨタほどではないものの、期間工派遣切りを進めて、社員や株主、世間から批判が出ないわけがありません。 
ホンダは勇気ある決断をとても素早くやってのけたと思います。ここら辺の素早さは本当に感心するし、今でも提携などをせず単一メーカーでやっていけている秘訣なんだろうなって思ってます。 
自分はモータースポーツファンであり、ホンダファンですが、この決断は支持したいと思います。 

F1は本当に変らなければいけません。このままでは確実に数年で無くなります。 
きっとルノーやフォースインディア、トロロッソBMW辺りが撤退をにおわす事でしょう。そしてトヨタも。。。 
自分にはF1がどのような状況に戻るのがベストなのか想像がつきませんが、昔の様に観客にもメーカーにも魅力のあるレースに戻れたら、きっとホンダ再チャレンジしてくれると思います。 

因みに福井社長は、 

国内レースについては検討していく 

と仰っていたので、もしかするとSUPER GTも以前から囁かれている様に撤退かもしれませんね。Fポントヨタワンメイクかも。WTCCはホンダの関係は薄いけど、Nテクノロジーのアコードは今期限りのようです。。。 

モータースポーツ冬の時代がやってきます。。。ファンとしては寂しい限りです。

投稿者 たけちゃん@町田 : 2008年12月 6日 00:43


Counter