« 亀田家の事 |メイン| すごいぞ!グッスミン。&GT-R »

2007年10月23日

まだチャンピオンは決まらず?

先日行われた、F1 2007年シーズン最終戦ブラジルGPにて、フェラーリキミ・ライコネンが優勝し、逆転でシリーズチャンピオンを決めました。
ライコネンの走りは元より、チームメートのマッサの好フォローもあり、まさにフェラーリチーム一丸で決めたドライバーチャンピオンでした。一方、不仲が伝えられたマクラーレンチームのアロンソハミルトンは双方ともたった1ポイントの差で破れるという皮肉な結果に。やっぱりF1はチーム戦であることをまざまざと思い知らされます。

しかしこのライコネンチャンピオンはあくまでも暫定結果となっているのはご存知でしょうか?

マクラーレン、スチュワードの裁定控訴
http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2007/10/post_6704.html

ウィリアムズBMWの両チームは、ブラジルGP決勝レース後に行われた車両検査で燃料の温度が規定に違反した疑惑が持たれております。失格となった場合にハミルトンの順位が繰り上がる為、逆転でハミルトンチャンピオンとなってしまうというきわめて重大な事となりました。
もちろんスチュワードはこれをシロと判定し、事態の収拾に努めようとしたのですが、マクラーレンが猛反論。FIAに抗議する意向を示したというわけです。
しかし当のハミルトンアロンソは全く興味の無いご様子。ハミルトンは「抗議でのタイトルは獲得望まない」と語っています。
悲願のタイトルを取ったライコネンケチをつけるようなこの騒動、なんだか悲しいですね。誰も望まぬタイトル逆転なんてことにならなきゃ良いのですが...。

投稿者 たけちゃん@町田 : 2007年10月23日 22:55


Counter