« 1年ぶりのリス園 |メイン| 今日の晩御飯 »

2007年10月13日

SUPER GT第8戦、オートポリス&アロンソはやはり移籍か?

SUPER GTですが、今週は第8戦、オートポリス本日は練習走行でした。我がNSX勢は17号車Real NSXを先頭(!)に1,2,3の成績。しかもウエイトハンデ100kgの8号車 ARTA NSXが3位というのは心強い限り。今回もリストクター1ランクダウンさせてハンデを50kgにする作戦を取ってますが、テクニカルコースであるオートポリスではこれが有効のようですね。

逆にウエイトハンデ90kgでこの作戦が取れない18号車 TAKATA童夢NSXはかなり苦戦してます。明日の予選に懸案のウエイトハンデによるアンダーステアが解消できるか見ものです。


先ほど、マクラーレンアロンソ来年ルノーに移籍が決定した?とのニュースが入ってきました。


アロンソルノー移籍で決定か!?トヨタも巨額契約準備中

フェルナンド・アロンソマクラーレン)が、2008年の1月からルノーへ移籍するという契約サインをしたようだ。11日(木)にドイツメディアが報じた。

このニュースを報じたドイツの『Bild(ビルド)』紙によれば、アロンソルノーは3年契約2008年から2010年)を結んだ模様だ。しかし、それはアロンソマクラーレンを離脱することが成功した場合とのこと。

アロンソマクラーレン2008年シーズンの契約をすでに結んでおり、2009年シーズンのオプション契約条項には盛り込まれているようだ。

またある雑誌は、アロンソオファーしたのはルノーだけではなく、“世界の巨人トヨタも同様だと報道

ドイツスポーツ専門誌『Sport Bild(シュポルトビルド)』は、ドイツケルンファクトリーを構えるトヨタが3年総額1億5千万ドル(約176億円、1年あたり約58億円)という大きな契約を準備していると報じた。もしこれが事実とすると、ミハエル・シューマッハフェラーリで過ごしたレース人生の終盤に受け取っていたのとほぼ同等の契約ということになる。

よくよく見ると、マクラーレンとの契約がどうにかなればって事みたいですね。それにしてもトヨタは相変わらず金...。
他の媒体ではレッドブル可能性があると報じられてますね。


トヨタ巨額呈示もアロンソレッドブル

ドイツ国内のメディアフェルナンド・アロンソの移籍先を巡って壮絶な報道合戦を繰り広げている。
それによればドイツに本拠を置くトヨタ・チームがアロンソに3年総額1億5千万ドル(約176億円)の巨額呈示をしたというもの。
一方すでに2008年ルノー・チームと契約したというもの。
また2008年はいったんレッドブルに移籍し(クルサードは引退)、2009年フェラーリに加入する(マッサの後任)するというものなど、諸説入り乱れている。

これにはアロンソ自身のマクラーレンとの契約、また移籍先のドライバー契約などの関係が絡んで問題をいっそう複雑にしていて、ごく近いうちに移籍発表ということにはならないようだ。

まあどちらにせよ、トヨタはバカみたいな条件提示をしたのは間違いないようですね。(^_^;)

赤福の偽装事件、白い恋人よりもショックがでかかった。勝手想像だけど、和菓子業界はもっとこういう所にプライドを持って仕事していると思ったんだけどな...。

投稿者 たけちゃん@町田 : 2007年10月13日 00:24


Counter