« イタリア一位通過! 日本はイタリアのサッカーを見習うべき |メイン| 2010年W杯、アジア勢は何チーム出れるのか? »

2006年6月23日

日本終戦。前半の内容は満足。しかしやっぱり弱かった。

さて数時間の仮眠(^_^;)を経て、日本ブラジル戦を見ました。
スタメンは私が予想していた、大黒、巻(オオグロ・マキ)ではなく、玉田、巻の2トップでした。
また前回あまり調子が良いといえなかった小笠原を引き続きスタメンで使い、ボランチ福西に代わり好調の稲本。まあ全体的にメンバーは余り弄りませんでした。

対してブラジルカカロナウジーニョロナウドという主力は出て来ているものの、やはりほぼ控え組で臨んできました。しかしメンバーはまったく見劣りしないのがブラジルの凄い所。
この試合の鍵はいかにアグレッシブオフェンスを組み立てられるかにかかってきます。

前半の出だしは意外にも五分五分。またクロアチアオーストラリア戦はクロアチアが先制したと情報が入る。だがフィニッシュまで行けているブラジルに対し、日本シュートで終われないパターンが目立つ。結局最初のシュートである稲本のミドルが出たのは前半15分。
今回も川口の好セーブに助けられているが、ブラジルがじわじわと日本ゴールを脅かす展開になり、失点は時間の問題かに思えた。
しかし日本も巻が2本立て続けにシュート高原ヘナギサワには見られなかった積極性に好感が持て、なにか期待させる。対してブラジルはあまり動きが良くない印象を受ける。
そして玉田が思い切りの良いシュートを見せ、34分にゴール!!!!ブラジルは今大会初失点。日本は実質初得点と言える。
そんな折、他会場ではオーストラリアクロアチアPKで追いついたと言う情報。そして前半ロスタイムに不調のロナウドに失点。リードで終わりたかった前半。最後の最後で集中が途切れる悪い癖が出てしまう...。中澤ロナウドの動きをフォローできずに、ボールの動きだけを追ってしまった事が悔やまれる。
しかしこの失点が無ければ、満点をつけても良い前半だった。

後半は両チームとも交代なし。出だしからブラジルペース。そして後半8分にジュニーニョ・ペルナンブカーノにゴールを許してしまう。この時点で日本はあと3点を決めなくてはいけなくなり、完全に厳しい状態に追い込まれる。
ここで日本小笠原に代え中田浩二を投入。またここでクロアチアが再度勝ち越ししたと言う情報が入る。早めに1点を...と思ったが、逆にジウベルトに追加点を入れられ、ジ・エンド。
残念ながら巻はここで交代を告げられ、本戦でのサプライズを起こす事はできなかった。代わったのは高原
高原は意地を見せてくれるかと思ったが、早々に負傷。さすがヘタレ...。なぜ大黒を使わない。
この後もブラジルの猛攻は続く、しかし川口の再三のファインセーブが見られる。彼はまだ諦めていない。そうだ最後の意地を見せてくれ。
と思ったら、高原交代。日本の士気を下げる...。最初から大黒にしてくれよ。因みにここで3枚目のカードを使い、もう打つ手なし。見たくないが、ヘナギサイクロンもこの試合では炸裂しない事が確定した。
この後は完全にブラジルボールポゼッションを支配。また後半33分辺りにオーストラリアが同点に追いついたと言う情報。更にロナウドが追加点(ゲルト・ミュラーの記録と並ぶ)。
これで日本オーストラリアブラジルに崖から突き落とされる。
とうとうブラジルGKまで交代する始末。日本は今大会最弱クラスである事を露呈してしまった。
結局、4-1で終戦。完膚なきまでにやられ、ブラジルにも勝てるなんていっていたマスコミはどういう反応を示すか楽しみになってきた。
結果論だが、前半のロスタイムの失点が無ければ、かなり違った展開になったかもしれない。オーストラリア戦もそうだが、最後のツメの部分で本当に甘いチームだったと思う。

残念ながら、この内容では私は選手にお疲れ様とはいえない。勿論ブーイングで迎えたいと思う。
自分なりの総括は、代表の帰国後かワールドカップが終わったらやろうと思う。
ただ、ほんの10数年前までは本戦出場もかなわなかったチーム。それがブラジル相手にゴールを決められる位になったのだから成長したのかな。実力に見合わない過大な期待を国民はし過ぎたのかもしれないですね。
しかし川口中田にだけは拍手で迎えてあげたい気もします。彼らくらいに全員がファイト出来れば、又違ったでしょう。

まあ、これで日本は早々に帰国する事になりましたが、高原ヘナギサワは無事に帰ってこれるのでしょうか?成田は厳戒態勢となるでしょう。マスコミサポーター含めて大騒ぎになりそうです。

さあ、これからはイタリア代表の応援に力を注ぎます。クロアチアオーストラリアドローだったため、イタリアオーストラリアと戦う事になりました。
イタリアは前回負けた韓国を率いていた監督ヒディングと当たる事になり、侮れない相手。しかしチェコ戦の様な試合をしていれば、負けることは無いでしょう。

投稿者 たけちゃん@町田 : 2006年6月23日 06:05


Counter