« 新型シビックでもタイプRの火は消えず。&最近のF1はつまらない |メイン| 水曜どうでしょう、とうとう東京でもオンエアー開始!&またtoto当たっちゃった♪ »

2005年10月 1日

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 最終回 「最後の力」 & ヴィッセル神戸は来期J2決定か。

とうとう1年にわたって放送されてきた機動戦士ガンダムSEED DESTINY最終回を終えました。

まだ見ていない方も多いのではないかと思うので詳しくは書きませんが、感動は出来たもののやっぱり不完全燃焼。レイデュランダル議長、タリア艦長にアスランカガリ。少し触れといて結局無視しちゃった事柄が多すぎます。

特にレイはもう少し描写をしなくてはいけなかったのでは?クルーゼとの関係もそうだし、議長や最後の台詞が示すようにタリア艦長ともどういう関係なのかを描かなくては誰も納得できない。
結局、レイクルーゼクローンだったみたいだが、という事はクローンクローンって事で何の目的でレイは作られることになったのか?そこら辺も全く触れられていない。
因みにクルーゼクローンなので、当初はネオ(ムウ)とニュータイプが如く惹かれあっていたのだが、これも尻すぼみ。最終的には何にも関係が無いキラと惹かれあう始末。
そして議長とタリア艦長の仲。一度は別れる決意をし子供を生んだタリア艦長だが、そもそもその経緯は???なぜ議長と別れなくてはいけなかったのか???全く判らない。物語的にデスティニープランに関わってくるところと思われ、しっかり説明しておかなくてはいけなかったのでは???
アスランカガリの件は完全に触れられずじまい。ルナマリアメイリンもどうするの???
結局、あと1、2回あればもっとマシなラストを迎えられたのに...総集編ばっかりやってるからだよ...。

ただラストの議長とキラの絡み、逆襲のシャアを思い出しまして、なかなか面白かったです。もちろん議長がシャアでキラがアムロです。
結論から言うと、どちらも正論なんですよね。自由は無いけど、戦争の無い平和な世界を作るか、世の中がまた混迷するかもしれないけど、一人ひとりの人権を尊重した自由な世界...どちらの意見も正であり悪である。
ただ逆襲のシャアの時にアムロが言ったセリフ、「貴様ほど急ぎすぎもしなければ人類にも絶望しちゃいない!」これがぴったり合っていると思います。人類に絶望した男と人類の未知の可能性を信じる男。この作品は色々なガンダムオマージュが散りばめられていますが、まさにラストは逆襲のシャアオマージュだったのではないかと思います。

因みに中度半端に終わってしまった感のあるSEED DESTINYですが、DVD13巻に前作のように後日談の特典映像が付くのと(しかも40分!!!(^^;))、福田己津央監督が次回作もあると暴露してますので、次回作の飢餓感を煽る為にわざとやっている可能性も否定できません。
次回作もいいけど、自分としてはこの最終回の続きを見たいと思います。やっぱり記憶の戻ったムウとみんなのからみが見たいですね。
で、次回作って...これ以上キラを強くしてどうするんだろ???まあ1年後に期待です。因みにSEED DESTINYは毎週水曜日 深夜3時6分〜3時36分(10/5スタート)に再放送が組まれているのと、公式ページ
http://www.gundam-seed-d.net/
DESTINY-I.Q.という公式制作秘話がアップされていくようです。これはなかなか面白そう。

※ 当初シンが主人公だったって覚えている人何人居ますか???因みにEDのクレジット、最終的にはアスランの後の3番目...。あまりにもあんまりなのでは...。
確かに主人公としては嫌なキャラだったけどさ。これも当初からの予定とは違って方針変更があったのではないかと思われる。ほんとこの夫婦は行き当たりばったりだ。(注:この作品は監督が夫:福田己津央脚本が妻:両澤千晶で作成されている。特に両澤千晶氏は物語を破綻させてしまうことが多く、アニメファンからは福田夫妻ならぬ福田負債と呼ばれているらしい。)


今日のJリーグ柏レイソルヴィッセル神戸戦でまたレフェリー誤審があったようです。
柏が1点リードして迎えた後半41分、交代を告げられ歩いてピッチを去ろうとした柏のMF小林亮に対し、片山義継主審は遅延行為と判断し、イエローカードを提示。小林亮に対する警告はこの日2枚目だったが、片山主審は気づかないまま柏の選手交代を認めた。
しかし直後に第4審判から指摘を受け、片山主審は改めてレッドカードを提示。ベンチ内の小林亮は退場処分となったが、柏の交代はそのまま認められ、代わって入ったMF大野ロスタイムも含めて残り約6分をプレーした。この結果、公式記録では柏には退場者が1人出たのに、最後まで11人でプレーしたことになった。
というかなりお粗末なもの。もちろんヴィッセル神戸は「(残留争いがかかる)うちにとって大事な試合。マッチコミッショナーから説明を受けたが、納得できない」と再試合も視野に入れて抗議しています。
しかし今日の、いや今シーズンのヴィッセル神戸、はっきり言って攻撃陣があまりにもお粗末で、大部分ボールを支配していたにも拘らず今日も無得点。相手が一人少なかろうが多かろうが、多分変わらなかったと思われる。本当に勝てるチームだったら、この事件が起きる前に3点は入っている試合内容でした。
ヴィッセルはJ2落ちは確実ですね...。

投稿者 たけちゃん@町田 : 2005年10月 1日 23:43


Counter